◆めまい!救急車で救急外来受診

紅葉.jpg



2週間ほど前のことです。
早朝4時半ごろ、目が覚めてトイレに行こうとしました。
ベッドから起き上がって歩こうとしたのですが
なんだか体がふらふらして、まっすぐ歩けません。
急に起き上がったせいかなと思いましたが、
歩くにつれて、体がぐらりと何度も揺れました。

これは普通じゃないな、
めまいかもしれないと思いました。

トイレから戻ってもう一度ベッドに横になった時、
天井をじっと見てみると
天井がゆらゆらと横に揺れていて
目を開けるのがつらく感じました。

「家庭の医学」の本をとりに本棚へ行こうと
またベッドから起き上がったら
歩けなくて、吐き気がしてトイレまで這っていき
何度か嘔吐してしまいました。

素人的に本からの知識で考えられる原因は二つほど思いつきました。

救急外来を受診しようかと思いましたが、
めまいと吐き気が続き歩くこともできないので、
夫が、この状態では救急車を呼んだ方がいいと言いました。

救急車にお願いすることにしました。

すぐに救急隊員の方が来てくださって、
緊急で症状をチェックし
いくつかの質問をされました。

その後救急車で病院へ搬送してもらい
診察を受けました。
夫と息子は救急車の後から自宅の車で病院まで来ました。

血液検査、頭部CT検査をうけ
結局血液やCTに異常はありませんでした。
三半規管が原因の可能性が高いということで
めまいを止める注射を打ってもらって
耳鼻科の午前の外来を受けるように勧められました。

状態が落ち着くのを待って帰宅しました。

その日の午前に耳鼻科の外来を受診しました。
そしてめまいの原因は
「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」だろうと診断されました。

耳の内耳の「前庭」という場所にある「耳石」がはがれ、
それが三半規管に移動してしまうことで起こる症状です。

身体の平衡感覚を保つ三半規管は、リンパ液で満たされています。
このリンパ液の中で、はがれた耳石が動くことでめまいが起こるそうです。
この耳石がはがれる理由はよくわかっていないそうです。

「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」なら一週間程度で自然に治るそうです。
自然に動いていた方が早く良くなると言われました。
めまい止めの薬と、吐き気止めの頓服を一週間分もらいました。
車は運転しないように言われました。

まためまいが起こる可能性もあるので、
少しびくびくしながら一週間を過ごしました。

おかげさまで、その後ひどいめまいは起こりませんでした。
ホッとしています。
重篤な病気でなかって本当によかったです。

今回救急車のお世話になったことは
自分でもびっくりしました。
家族にも、迷惑をかけてしまいました。

思ってもいないことが、急に起こりました。

健康で平穏な日常がどれほどありがたいか
身をもって感じ入りました。
今は元気で生活できていることに感謝の気持ちです。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



スポンサーリンク

この記事へのコメント